アスペルガー人の多くは、勉強好きで頭がいい。 (知的障がいに近い境界知能も多い。 僕は「ド」アスペなのに知能が追いつかい。神はいないよね。)
そのおかげで、発言の1つ々々が、イチイチ立派に飾られます。
しかし、同時に「症状」として、

1・行動力のなさ
2・社会適応への困難さ
3・情緒の不安定さ

を抱えています。

そのため、社会では何一つ結果を出せていないことが多い。

場合によっては、長期にわたり「底辺」を彷徨っています。

・「明確な稼ぎと成功」を1度も通り抜けたことがないのに、 ビジネスとお金の成功法則を雄弁に語ります。

・「週2日間のバイト、月収3万円」にもかかわらず、平均的な仕事量の一般人へ、生き方を説きます。

・「極めて短気で情緒が不安定」であるにもかかわらず、愛や悟り、意識構造の教えに邁進します。

やがて多くの人は、違和感を覚えます。

「言葉と現実が乖離している」と。

失望します。

離れていきます。

友だちが、いなくなります。

 

 
新刊出たよ

人付き合いが苦手なのは アスペルガー症候群のせいでした。(宝島社)