グレーゾーンアスペルガー(診断のつかない軽度のアスペルガー)の症状の多くは、特別なものではありません。誰もが人間である以上、当たり前に持っている負の特徴(?)と、同じものばかりです。

・初めてのことへの恐怖心

・雑談の難しさ

・仕事の優先順位のはき違え

・雑務への単純ミス

・劣等感

・出来事や将来への不安

等々。(他にもある)

しかし、

1・それらの一つひとつの度合いが、とても強い

2・もしくは、持っている種類が多過ぎる

3・あるいは、1と2が混在している

というのが、隠れアスペルガーの特徴なのです。

それゆえに、自分が該当すると気づいていない人が、

1・自分の「困っている特徴」を話しても

2・「そんなこと誰でもあるよ。気にし過ぎだよ」と

3・「一般化された」回答を受け取る

だけに、終始してしまいます。

そして「やはり、自分は気にしすぎているだけなのか。でも、この苦しさは何なんだ。」と、混迷を深めます。

場合によっては、見当違いなトラウマに原因を求め始めます。

そろそろ、グレーゾーンアスペルガー(もちろん、ADHDも)という「フレーム」を、取り込んでもいい。

 
新刊出たよ

人付き合いが苦手なのは アスペルガー症候群のせいでした。(宝島社)